130年以上前に発明されたサンドブラストの効用が、
現代社会におけるインフラ整備の発展に大きく貢献してきたことは、知られざる事実であります。
そして、この技術を工業ラインの中で、より「安全かつ有効」にしたものが、
循環式ブラスト工法®︎なのです。

循環式ブラスト工法研究会は、施工技術と品質の向上、及び工法の健全なる発展を目的として活動しており、
この度、技術審査証明を取得するに至りました。
それに伴い、工法名、研究会名も変更させていただきました。
今後も施工の信頼性(施工責任)と安全性を確保するため、会員の技術力・経営資源を相互に補完しつつ、
付加価値の高い提案をしていく所存であります。

日々、進歩する業界において、新たな提案を続け、ブラスト技術の明日を創造するため、
これからも果敢に挑戦して参りますので、『循環式ブラスト工法研究会』
を宜しくお願い致します。

循環式ブラスト工法研究会 会長 山田博文

btn
img
btm
₢킹